総量規制対象外のカードローン本音比較

総量規制の注意点を踏まえた上で、上手にメリットを活用しましょう!

身近な節約法を試してやっています

saitama, · カテゴリー: 未分類

私は昨年まで仕事をしていましたが、今は専業主婦になってしまったのでまさに、毎月金欠、赤字。節約法をいろいろ考えています。
私はまず、家計簿を見直しました。食費、日用品、交通費、病院代、その他(娯楽)で目標金額を決めました。1番お金がかかるのはやはり、食費です。まず、私は1週間分の買い物を1日で済ませます。安い食材を選んで買って、他の日にはお金は使わないように買い物はしないようにしています。家族4人で1種間で約7千円目標。月、30000円予定です。お肉や魚は冷凍します。食材も使い切ります。私は料理は得意ではないし、いろいろなレシピを知っているわけでもありません。そこで、クックパッドで調べます。
節約レシピでも調べるし、もし白菜が1度の料理で余っても違う料理で使えるように調べて絶対に使い切ります。食材を捨てることはまずありません。お金がないときは土日のお昼は、手抜きで100円のレトルトカレーにしたり、納豆、お味噌汁で済ませたりします。
交通費は、以前は近場でも車に乗っていたのですが今は運動かねて徒歩か自転車にします。片道30分は普通に歩きます。ガソリンはいつも月に2~3度入れていたのが、今は1度だけ入れれば済むようになりました。軽自動車ということもありますがガソリン代は月3000円ほどです。即日キャッシング
土日は子どもと公園で遊びます。遠出したり、ショッピングモールで買い物もしません。公園で体を動かすのは子どもも喜ぶし、お金は一切かかりません。その間、家にもいないので、光熱費もかかりません!
結構いろいろ考えたり、楽しんだりしながら自分ができる節約法を実行するようにしています。

トランプ大統領の入国制限の内容について思うこと

saitama, · カテゴリー: 未分類

アメリカのトランプ大統領の入国制限措置が問題になっています。これにはいろいろと考えさせられます。まず、自分の国を安全にしたいと言う思いはよく理解出来ます。どの国でも自国を安全にすることは大切なことです。しかし、今回の「中東・アフリカ7ヵ国」という制限が非常に問題です。テロリストはそれらの国出身の人という決めつけからきています。この決めつけは推測に過ぎず、到底これで国を守れるとは思えません。
確実に国を守りたいならば、どの国から来たかは関係無く、全員厳しく調べることです。厳しい調査と入国制限とは全く違います。そのためには、空港に宿泊する施設も必要になるでしょう。入国審査に多大な時間を要しますから。でも、仕方ありません。これによって、アメリカに行く人は激減しますが、安全性は上がると思います。審査を早くパスさせたい重要な人には特別なカードでも発行すれば良いです。
それから、メキシコとの国境には、まず警備隊を大勢配置する方が早いと思います。ニュース番組で国境付近に住む方が、麻薬の取引きのグループ来て怖かったと言っていました。その人は銃を持っていたから大丈夫だったようですが、警察は呼んで来てもらうのに1時間かかるとか。プロミス 審査
そして、アメリカ国内に現在住んでいる人も、大変ですが一人一人きちんと調べることです。飛行機で着く一部の人達だけ敵視するのでは、あの広い国を安全には出来ないと思います。

アコムのeメールサービスについて

saitama, · カテゴリー: 未分類

お金を借りたら、返済を守る勤めがあります。それは当たり前の事でしょう。しかし何となく覚えてはいるものの、うっかり忘れがちになるものなのです。

そんなうっかり忘れがちになる返済を、忘れないようにメールで、知らせてくれる企業があります。

それは、消費者金融業のアコムです。アコムは会員になりますと、インターネットサービスが受けられますので、メールアドレスを登録すれば、eメールサービスと、言うのが届きます。

それは、まさしく返済し忘れる人に、打ってつけのメールなのです。返済期日の3日前にメールを送ってくれて、そして返済日の当日もメールを送ってくれて、返済期日の後の連絡のメールも送ってくれます。

このように、何度も何回かに分けてメールが届くので、忘れずに返済をする事が、出来るのです。

このeメールサービスで、3日前に届くメールについては、土日祝日は送られないので、多少の日にちのズレはあるのかもしれません。プロミス審査落ち

そして、そんな返済についてのメールばかりでは無く、他にもカード更新の案内だったり、キャンペーンの情報も届きますので、非常に便利でお得だと思います。

このような便利なeメールサービスがあるのは、アコムだけだと思います。借りて側のサポートもしてくれているようだと思います。