月別: 2017年1月

大学生に多い節約できない人の傾向

私は昨年まで学生でした。華の大学生、大学生活とよく言われますが、その実生活は大変なもので憧れていたものとは程遠いものではないでしょうか。

特に大学生活で困るのは時間はあってもお金がないことです。この時間をアルバイトに専念すればお金を手に入れることはできますが、気をつけないと学業やプライベートな時間が取れなくなるなどの問題が出てきます。しかし、アルバイトをあまりせずに学業と遊ぶことに集中してしまえばすぐにお金は底を尽きてしまいます。

ではそんな中でもどうやって節約していけば良いのか。その中の方法を一つ紹介させてもらいます。

私が勧める方法の一つは必ず自炊することです。自炊は意外にやっている人は少ないです。男性だけがやってないんではないかと思われがちですが、女性でも大学生になるまでに各家庭で料理をしてこなかった人は大学生になっても全くやりません。そういった人たちは普段から外食をすることが多くなります。するといくら安いはずの大学の学食を利用しても1日最低でも1,000円はかかってしまう何てことが度々あります。ですが、自炊を頑張って続けられれば一回の買い物で1,000円程度かかってしまいますが、1袋200円の野菜を5種類は買うことができます。実際5種類もあれば大抵のもはできてしまいます。さらに近くに業務用スーパーがある人はラッキーです。通常のスーパーで買うよりもお得な状態で商品を買うことができます。大学生は常にお腹を空かせていることが多いので、質より量を求める人にはオススメしています。

 料理なんてどうやったらいいかわからない、と思う人もいると思いますが、今の時代料理本を買わなくてもスマホで簡単に検索できてしまいます。最初はそれでどんどん覚えていきましょう。葉物が怖い、調理器具がないという人は料理をする友達に教えてもらうか一緒に作るのも一つの手だと思います。料理ができるとそれだけでいろいろ便利になるので是非挑戦してみてください。消費者金融 審査

我が家の節約法!決まった額でやりくり!

夫、子供(2歳)1人の3人家族ですが、我が家の節約方法は1週間で決まった金額でやりくりすることです。我が家を例にすると給料が出たら、夫婦のお小遣い決めた額、日用品やオムツ等で1万をまず抜きます。あとは1週間でいくらまでと決めた金額を決まった曜日にしかおろしません。なので、通帳やキャッシュカードはその曜日以外は自宅に置いています。財布にお金がはいっていると、ついつい多く買ってしまったりしますが、来週の何曜日までこの財布の中でやり過ごさないと!と思うと、自然と無駄な物は買わなくなります。余れば翌週にまわしたり、翌週に余った分と合わせて子供の為に何か買ったりします。浪費家夫婦だった我が家もこのやり方にして、かなりの節約になりました。始めは足りなくなっなら通帳からおろそうとか思っていましたが、始めが肝心!ここでおろすとだらだら節約できない!と思い、きちんと自分で決めたルールを守り、今では慣れて当たり前のようになっています。1週間で使えるお金は各家庭それぞれ決めて良いと思います。家族の人数が多いところはその分食費もかかりますし、絶対生活できないような少額で設定するとすぐ妥協してしまいます。なので、はじめの1ヶ月は家計簿等をつけて、1週間どのくらい使っているのかを把握して、このくらいなら続けられそうという金額を設定することをオススメします。プロミス 審査

お金に困ったけどおしゃれがしたい人必見です!

お金がない!でもおしゃれはあきらめたくはありませんよね。まずは私の行きつけの美容院をご紹介しましょう。私の行きつけの美容院「IWASAKI」はなんとタイムサービスの時間帯に行くと690円でカットができます。普段は980円です。もちろんきちんと美容師の資格をもった方がきちんと切ってくれます。そしてなんといっても時間の取れない方にも朗報ですが、こちらの美容院は短時間で仕上げてもらうことができます。子供からお年寄りまで問わず様々な年代の方が利用しています。今度はうちの息子4歳がぜひ行きたいというので連れていきたいと思っています。お店の方にお話しを伺ったのですが、子供は自分一人で座れるお子さんはカットすることができるそうです。やはり一人で座ることができないお子さんは何もせずに帰ることになってしまうそうです。一人でも座っていられるのはやはり3~4歳ぐらいからだと思います。カラーリングもとても安く行うことができますのでおしゃれをしたい!でもお金がない!という方はぜひ一度行ってみてください。私は節約したいのであまり美容院は行かないようにしていたのですが、2か月に一度は必ずIWASAKIさんで切ってもらっています。一か月あたり345円です。私がとてもおすすめの美容院です。即日融資 審査