総量規制対象外のカードローン本音比較

総量規制の注意点を踏まえた上で、上手にメリットを活用しましょう!

節約生活を助けてくれるもの

春一番, · カテゴリー: 未分類

日本は長い間景気が低迷しており、少子高齢化が進み一年に1兆円ずつ社会保障費が増えています。日本政府は経済を好循環させるために、インフレに向けて舵をとっています。

「インフレ」とは「インフレーション」の略で、簡単にいうと「(あるものが)みんなが欲しい量より、商品が少なくなると、値段は上がりお金の価値が下がる」ことを言います。物価を上げようとしているのです。

商品の値段が上がると、それを作っている会社が儲かる。会社が儲かった分で社員の給料を上げる。その社員が給料が上がった分で何か物を買う。

給料が上がった社員が商品の買い手になります。

ですが、儲かっている会社でもすぐに従業員の給料を上げずに自分達の金庫にお金をしまってしまいます。

そうすると、私達社員には物価が上がっても給料は上がらずに、出費だけが増えていきます。

今後、消費税など税金が少しずつ増えていくと必然的に節約生活を強いられます。

まずはどこから出費を抑えられるのか。

家計で一番お金がかかる事。人間が生きていく上で一番大事な「食べる事」です。つまり「食費」です。

食費を切り詰めることが一番の節約になりますが、人はお腹いっぱい食べている時が一番幸せです。お金をかけずに安い食材でお腹いっぱい食べられる物があります。それは「もやし」です。

お金をかけずに、いつも安価で安定した供給をしている、ある意味「最強の食材」かもしれません。

我が家もよくもやしを使い食費を抑えています。

即日キャッシング 注意点

売れるものは何でも売って小銭を稼ぐ

春一番, · カテゴリー: 未分類

予期せぬ出費、年払いの出費など、お金がピンチになる瞬間と言うのは本当に定期的にやってきます。

そんな時、私は家中の断捨離をして、売れるものは徹底的に売ります。

まさに我が家の売りつくし大セールです。

今流行のフリマアプリなどは、すこし管理が大変だし、商品発送などもきちんとできるか自信が無いので、家の近所にあるリサイクルショップ(ブックオフとハウスオフとハードオフがあるのです)に売りに行きます。

子供たちの服は、もう小さくなったものは未練なく売ります。

きちんとアイロンをかけてピシっとさせてから売りに出します。

私のちょっと流行が過ぎた服などもアレンジによってはまだ着ることができると思いますから古くないものはやはりきちんとアイロンをかけてから売ります。

誰かが今後も着る可能性がある服は、綺麗に整えたほうが高く売れるからです。

少し古い服や毛玉のついたニットなども買い取ってくれます。

重さで測って引き取ってくれるのです。

それで完全に古いとわかっている服はそんなに手をかけないまま売りに出します。

盆や正月に実家に帰ったときには、実家の父母の服、昔自分が着ていた服、兄の服も少しずつ持ってかえってきて、いつかピンチになったら売ろうと準備をしています。

こんな服でももしかしたら外国の貧しい国に持っていって誰かが着てくれるかもしれないと思えば、本当に少しのお値段にしかならないとしてもそれなりに意味があると思って恥ずかしい気持ちも無くバンバン服を持ち込んでいます。

また、気分が乗って買ったけれど実際はあまり使っていない台所グッズなども綺麗に磨いて売りに出します。

同じように本だって、どんな古い本もどんな雑誌なども引き取ってくれます。

最終的には15冊で100円とかそんな扱いになる事もあります。

それで2000円でも3000円でも構いません。

少しでもお金になるならそれで良いのです。

私の場合はこの小銭稼ぎで稼いだお金が、次の給料まで使えるお金として、乗り切っています。即日キャッシング 銀行