月別: 2015年4月

専業主婦でも大丈夫なローン

収入がなければ借り入れができないと思っている方も多いと思います。実際に、専業主婦の方で今日の生活費がピンチだけど、どうにかならないか、という悩みを持っている方も多いと聞きます。しかし収入がないので審査が通らないと思い、たとえその借り入れたい金額が少額であったとしてもなかなか申し込目ないといったのが実情でしょう。

そんな時こそ楽天銀行のカードローンがお勧めです。専業主婦でも簡単に借り入れができます。最大500万円までの借り入れが可能で、収入証明書などの提出が必要ありません。コンビニATMから利用すれば手数料はゼロですし、パソコンや携帯から24時間申し込みが可能です。

返済金額は月々3000円から組むことができるので、例えば今月の生活費を3000円浮かして返済する、といった感覚で十分返済可能な金額だといえます。ですから収入証明書が内容な専業主婦の方に出も借り入れが可能になるのです。

また、金利も低めになっているので支払っていく利息が高くつくようなこともありません。いたって良心的案設定だといえるのが楽天銀行のカードローンだといえるでしょう。このようにカードローンにはそれぞれ特徴がありますから、自分に合ったところから借り入れをすることをお勧めします。

学生ローンキャッシングがある

いざ、学生ローン業者を考えるときにおそらく一番気にかかるのは「親バレ」するかという問題になってくるでしょう。

親に言えない事情があるから借金をするの大学生や専門学生が多いことは事実です。

理由は学費が払えないとか、事故にあってしまったとか、彼女にお金を費やしてしまうとか、様々でしょう。

とにかく「親に言えない」「親に迷惑を掛けたくない」といった理由で学生ローンを利用するケースがあります。

手続き上では基本的にどこのサービスも「親バレ」をしないように手続きをしてくれます。

というのは、今では賃貸法で「第三者に債務情報を伝えてはならない」という内容があるため、本人と債権者の間のことであり、たとえ家族であっても債務をしていることを伝えたり漏らしたりするようなことがあってはならないのです。

ただし、借り入れを計画的に利用しなければ、返済に困ってしまいます。ですから、学生ローンを選定する際の基準は「返済のしやすさ」を基準に選びましょう。

つまり「利率が安い、もしくは無利息期間のあるサービス」を選ぶことが重要ですね。

経済的に自立していない学生が親以外から借金をしようとしているのですから、何か親にバレたくない理由があるのです。

学生専用の金融業者で学生ローンキャッシングというものがあります。また、大手キャッシングサービスの中ではプロミスが人気があり、おすすめです。

カードローンについて

一見、審査など厳しそうですが、CMなどでやっている大手消費者金融のカードローンはお手軽でした。

ATMがある無人貸出店舗へ行きます。そこで普通のATMでの振り込みみたいに、必要事項をタッチパネルで選択していくと、その場で承認、非承認が判定され、10~15分ほどでは手元に現金が流れてきます。

そしてその場でカードローンをこれからも手軽に利用出来るクレジットカードも発行されました。

次に銀行の場合です。ある地方の銀行になりますが、自分の持っている口座に30万までの借り入れ枠を作れるプランがありました。

それを知って利用したかった私は銀行窓口に行って担当の方の話を聞いてみました。

『利用目的』を聞かれますが、学費や旅行などと答えれば、それより深く問いただされる事はありませんでした。あと、仕事をしているかしていないかで審査に通れない事があるみたいですが、私は話を聞きにいって、その場で必要書類を記入して提出したら3日ほどで審査に通った連絡か来ました。

それからまた銀行へ行って、新しい通帳を作ってもらうと、その場ですぐ利用する事が出来ました。

利息ですが、大手消費者金融の場合30万借り入れて月に1万ほど利息がつきました。

銀行だと30万借り入れて9月と3月にそれぞれ1万ほど利息がつきました。

払えない額ではありませんでしたが、大手消費者金融には月に2,3万しか返済出来なかったので、利息の返済ばかりしていてなかなか金額減りませんでした。