総量規制の注意点を踏まえた上で、上手にメリットを活用しましょう!

総量規制とは、1990年の3月に当時の日本の大蔵省から金融機関に対して行われた行政指導であり1991年の12月に解除されたので約1年9ヶ月間続きました。

また、貸金行法により利用者が貸金業者から借りる事の出来る額の総額に対して制限が設定されている規制の事です。

借り入れ残高が年収の3分の1を超える場合は規制の借り入れをする事が不可となっております。

そして、この規制が適用されるのは貸金業者から個人が借り入れを行う場合となっていおります。

規制の対象外となるのは、銀行からの借り入れや法人名義での借り入れの場合です。

総量規制対象外のカードローンに関してですが、主に銀行や信用金庫や農協などが存在します。

総量規制対象外のカードローンを選ぶ際の主な注意点の一つに金利があります。

勿論、誰しも金利が低い方が良いものですが業種毎に最高金利額が異なりますのでご利用の際には低金利の所を選んだ方がその分負担が少なく済みます。

また、金融機関によっては借り入れ額によって金利が変わる業者もございますので記載されている最低金利額を鵜呑みにするのではなく申し込む前にご自身が借りられる金額での金利額を確認しておくと良いでしょう。

総量規制対象外のカードローンの主なメリットは、総量規制の対象のキャッシングサービスよりも易く済むという点です。

その他にも、まとまった金額での借り入れが可能という点です。

“総量規制の注意点を踏まえた上で、上手にメリットを活用しましょう!” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です