人間が開発した囲碁、人間が開発した人工知能

少し前に人工知能が囲碁で人間に勝ったと報道されたのを覚えていらっしゃるでしょうか?
alphaGOと言う人工知能が囲碁では世界トップだったイセドル氏に勝ち囲碁の業界を驚きの声で埋め尽くしました。
囲碁はかなり深い精神的な面を大いに使うゲームだそうで、精神的に崩壊すると大体負けてしまうのが敗因だそうです。
その精神的な面に人工知能が入ってきたのです。
おそらく今の人間は精神とは何か?と言った答えを出せて居ないでしょう。
これが何を意味するかと言うと精神的な面を人工知能が深く理解する事で人間のニーズを理解することができると私は思って居ます。
精神を落ち着かせるために人間はお金を払って何かを手に入れます。
特にお腹が減ったのでラーメンを食べる。と言う流れがわかりやすいかと思いますが、ラーメンを買うためにお金を払うのではなく、お腹が減ってテンションが下がっている状態を満たすためにお金を払ってまでラーメンを食べます。
あまりお腹いっぱいな状態でラーメンは食べませんし、精神的に満たされていれば特に何も必要ないはずです。
ですがこの精神面において人工知能が理解する事によって人間はニーズをコントロールされるでしょう。
結果的に経済は人工知能が牽引して行く事になり、政治やリーダーも人工知能が補って行くと考えられます。
そうならない為にも人間の精神レベルの上昇を急いだ方がいいでしょう。お金を借りる 今すぐ

“人間が開発した囲碁、人間が開発した人工知能” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です